============================================================
【ソ フ ト名】 小規模団体用超簡易経理(超簡易経理)
【登 録 名】
【著作権 者】 小林 誠一郎
【対応 機種】 Windows98/XP  EXCEL97 2003
【作成 方法】 Lhmeltで圧縮してあります。
【ソフトウェア種別】 フリーウェア
【ユーザーサポート】 興味の有る方はメールを下さい。

============================================================
【ソフト紹介】

青年部や女性部などの月次のデータがあまり多くない団体の経理
に適しています。(青年部、女性部、青色申告会、法人会など)。

PTAなどでも利用可能かと思います。

簡易経理(V.1)では毎月の現金出納簿を作成していき、年度末に
元帳を作成し印刷するものでした。
今回の、超簡易経理はもっと簡便にしてしまいました

常々は手書きで処理のものを決算集計だけを機械処理をするものです。
簡単な経理では毎月処理しての試算表や決算書など不要でしょう。
日々の入出金を預金出納簿で記帳管理している団体も多いと思います。
決算時には科目毎の集計作業すればよいというためのものです。
一年分をまとめて処理します。利用方法は各自が工夫してください。
一応科目毎の印刷もできるようにはなっています。

領収書と通帳で管理整理するというような場合でも利用可能です

勘定科目は,資産(6)負債(4)収入(13)支出(15)で、
各科目数の変更はできません。科目の名称の変更は自由にできます。
各団体に合わせてください。
年間のデータ件数は1000件までとします。
各科目データには制限はありません。
これを超える活発な団体には不向きです。

作業の前の準備。
  各勘定科目を設定し入力します。

作業の流れは下記の要領になります。
1、データ初期化後、期首入力
    期首転記作業をします。
2、現金出納簿入力(年間デ−タは1000件まで)
3、毎月末毎に試算表を確認し、預金残高等の照合をします。
  この時に試算表等の印刷をすれば完璧でしょう。
4、全データの入力が終われば期末の残高試算表ができています。
5、決算整理事項を入力します。この入力には注意が必要です。
6、残高試算表、収支決算書を確認します。よければ印刷してください。

注目:年月日順でのデータの並べ替えが可能です。

入力中のカーソル移動にはCTRLキーと↑↓←→キーの併用を活用してください
V1 平成11年8月
V2 平成12年5月
入力規則を利用。整数のみに制限。
現金出納簿の印刷形式を変更。月集計が出るようにした。
V3 平成13年3月
元帳の印刷形式を変更した。
V4 平成15年10月
出納簿の参照式にファイル名があったのを修正。
決算書の対比増減の表示を反対に変更
マイナスは△表示に設定。
V5 平成16年5月
出納簿、元帳の印刷形式を改めた。
ちょっと美しくなった。完全ではない。
V5.1 平成16年5月
出納簿に冊数があったのを消す。
不適切な名前の設定があったのを消した。(コード表)
V5.2 平成16年6月
印刷元帳1の式が一部不具合修正。
見栄えがよくなった。
これが限度。
V5.3 平成18年4月
出納簿のカーソル移動を工夫した。
年月の入力はオートフィルコピーの活用で入力すれば良い。
月初金額入力が終わったあとは日のところに行くようにした。

書斎へ戻ります

inserted by FC2 system