exeは自己解凍式,lzhは別途解凍用ソフトが必要です。
19年4月以降取得の資産の減価償却の計算方法が変わりました。
新計算方法の説明を追加しました
(平成21年1月17日)
V40をアップしました。
V50をアップしました。(ここまでは必要です)
V52をアップしました。(農業の動植物がなければ関係ありません)
V53をアップしました。(シートXに余計なデータがありました)

======================================================================
【ソフト紹介】

19年4月以降取得の資産の減価償却の計算方法が変わりました。
新計算方法を4種類の方法を追加しました。



ダウンロードした genkav53.exe(genkav53.lzh) を 解凍してお使い下さい。

【公開日】09/03/12
======================================================================
ソ フ ト名】 減価償却費計算(減価償却V53.xls)
【登 録 名】 genkav53.exe
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【著作権 者】 小林 誠一郎
【対応 機種】 WindowsXP EXCEL2002
【作成 方法】 Lhmeltで圧縮してあります。
【ソフトウェア種別】 フリーウェア
【ユーザーサポート】 興味の有る方はメールを下さい。
=
===================================================================
【ソフト紹介】
==================================================================
このプログラムは個人事業者の減価償却費の計算を行うものです。

定率法や特殊な定額法との混在もできます。
1枚のシートで1事業所分として、100件を限度とします。
ひとつのファイルに作成できるシートは26事業所の固定とします。

入力したデータのドラッグ&ドッロップでの移動は厳禁です。計算式が狂います

資産の種類毎に順番に入力してください。

データ行の挿入削除はメニューバーの挿入削除を利用してください。
データ入力シートは保護されていませんので、注意してください。 

事業所件数が多いところはファイルの名前を変えていくつか利用してください。
===================================================================
19年4月以降取得の資産の減価償却の計算方法が変わりました。
新計算方法を4種類の方法を追加しました。


この部分の詳しい説明を加えます。

                      残存割合  償却可能限度
1 旧定額法 一般               10%   5%
2 旧定率法 一般                    5%
3 旧定額法 牛 小運搬使役用       40%   40% 10万円を超える時は10万円
4 旧定額法 牛 繁殖用乳用牛、種付用の役肉用牛
                          20%  20% 10万円を超える時は10万円
5 旧定額法 牛 種付用の乳用牛     10%   10% 10万円を超える時は10万円
6 旧定額法 牛 農業使役用その他用  50%   50% 10万円を超える時は10万円
4 旧定額法 馬 小運搬使役用、繁殖用、競争用
                         20%   20% 10万円を超える時は10万円
5 旧定額法 馬 種付用           10%   10% 10万円を超える時は10万円
7 旧定額法 馬 農業使役用その他用  30%   30% 10万円を超える時は10万円
8 旧定額法 豚                30%   30%
9 旧定額法 綿羊、やぎ、果樹その他の植物
                           5%   5%
10 旧定額法 営業権、繰延資産、即時償却、一括償却
                           0%   0%

次の4つが新しいものです。

11 新定額法                  0%   1円
12 新定率法                  0%   1円
13 限度後定額法 従来の5%まで償却済み
                                1円
14 改定定額法 新定率法で償却保証額を下回る時
                           0%   1円


19年4月以降に購入したものについては11か12を使用することになります。
13は20年分からの使用になります。14はもうすこしあとからの使用ですね。

19年までに減価償却限度額に達したものは20年分からは13になります。
取得価額を変更する必要はありません。計算方法の1または2を13に変更する
だけで、これ以後5年間で減価償却限度額分を償却することになります。

定額法でも定率法でも13の使い方は変わらないですね。

14の計算法は新定率法での特殊な使い方になります。
12で計算をした定率法での資産が数年後には償却保証額を下回り
その時、定額法に変更する必要がありますが、その時点でメッセージが
出ます。その時に14に変更し、再取得価額も設定する必要があります。

メッセージは

「 ? 件のデータが定率法の資は産の中で保証金額に足りないです。
   定額法(14)に変更してください。」
該当資産をチェックしてください。


v52で加えた計算方法
旧方法 償却可能限度
15 限度後定額法 牛3 1円
16 限度後定額法 牛4 馬4 1円
17 限度後定額法 牛5 馬5 1円
18 限度後定額法 牛6 1円
19 限度後定額法 馬7 1円
20 限度後定額法 豚8 1円
21 限度後定額法 綿羊9 1円


+++++++++++++++++++++++
V30->V40
V30の一部不具合を修正しました。

計算方法13の均等償却と呼ばれるものの部分です。

V40->V501
V40の一部不具合を修正しました
計算方法13の均等償却と呼ばれるものの部分をよりしっかりです。
計算方法14の部分もきちんとなりました。
これで完全です。(^−^)

V50->V5.2
動植物の限度後定額法(均等償却)をくわえました。
本当に完全です。(^−^)
ほんとかな?

V52->V5.3
シートXの110行111行に仮のデータが残って、印刷をすると印刷表が壊れる。
消去した。

書斎へ戻ります

inserted by FC2 system